効果的に練習する方法

2019年3月26日

練習しているとこのままでいいのか?このやり方で本当にあっているのか?もっと効率的な練習方法ってないの?と思ったりしませんか?そういう人たちのために記事にまとめてみました。

時間を費やせばもちろん能力は向上します。スキルを身に付けるためのかかる日数や、練習を数量化しようとたくさんの人たちが研究しています。

そして掛けた時間の長さ=スキル習得度になるとは限らないことはもう周知されています。最年少記録がいくつも更新され続けて歴=能力でないことは明らかです。

ここで練習するために重要なポイントを3つ紹介します。

  1. 集中すること
  2. 習慣化すること
  3. 頭を使うこと

です。詳しい説明をしていきます。

効率的な練習の最も妨げになるものがパソコン、スマートフォン、フェイスブックだという研究の成果が出たそうです。

目の前の仕事に集中することが効率的に練習することの1つだといいます。

そして2つ目に習慣だといいます、一般的にプロと言われる人たちは週にその活動に50~60時間かけるといいます。

なので練習時間の確保を1日のどこかに置かないとなかなか身に付くことが出来ません。

そして3つ目に脳内でちゃんと練習の目的、どこを改善したくてどこを修正しているのか明確にすることだといいます。

あるバスケットチームがAとBの二手に分かれて練習をしたそうです。Aは2週間片手のスローの練習を続けました。Bはどこがうまくいかなくてどのようにしたらうまく出来るのか2週間話し合ったそうです。

そして2週間後にほとんど同じ改善が見られたということでした。ただ時間をかけるのではなくしっかり考えること。練習の目的を持ってすることが大切だといいます。

なのでまとめると、一日に習得したいスキルの練習時間をちゃんと確保して集中して目的を持ってすることです。

SimpleLife

Posted by ganchan