ドミナントからのドミナント

2019年4月10日

ツーファイブと同じくらい代表的な進行にVのⅤ進行があります。

例えば、D7-G7-C7-F7とサークルオブフィフスを半時計周りに回ります。

ツーファイブのDm7からG7、そしてC△7にコードチェンジする際に7度の音が半音下がって次のコードの3度になるのですが、ドミナントからドミナントに解決するとどうなるのか、それは7度が半音下がって次のコードの3度になり、さらにそのコードの3度が半音下がって次のコードの7度になります。

3度と7度が半音下がって入れ替わることになります

なのでコードから3度と7度の2音を半音ずつ同じフォームで下がっていけば、ドミナントコードを5度ずつ半時計周りに演奏していることとなります。

Guitar

Posted by ganchan