リックやフレーズを更に細分化する

2019年3月30日

だいたいのリックは2~4小節で覚えます。

僕はもっと細かく覚えた方が使えるんじゃないかなと思っていてその練習をしています。

インターバルを頭の中で理解して2音~3音の単位で組み合わせる。またワンコードずつ、その組み合わせだとフレーズではなかったりするんだけれど、

その組み合わせを試行錯誤して足した連続がリックとして出来上がる。または成り立ってくる。10音以上のフレーズやリックをたくさん覚えても使用するのが難しいと思いました、何かイメージでいえばそこのコード進行が来たらこのフレーズを当てはめようとすでに待っている状況に陥りました。

もっと自由に弾けるようになるためには2音や3音のインターバルを理解する。その音がイメージとして頭の中で鳴っている状況が理想で、それを組み合わせる。

なので曲があって、コード進行があってその進行パターンに当てはまったリックを演奏するんではなく、そのリックの2~3音のインターバルを理解をしていく、という感じです。フレーズではなく単語を覚える感覚です。

Guitar

Posted by ganchan