株は止めた方がいいのか

投資は危険だと言われてます。投資はギャンブルだ、失敗したら人生を狂わしてしまう。

でも僕は始めて2年数か月経ち20万円が60万円になりました(投資信託も含めて)。今のところ損した株はありません。

めっちゃ小さい額に感じるかもしれません、ぶっちゃけ書きながら恥ずかしいところです。

でもお金や経済についてちょっと考えるきっかけになったり、貯金以外にもお金を貯める方法があると知っていただけたり、投資に興味を持つきっかけになったらと思います。

僕が投資を始める当初、投資はギャンブルだ、失敗したら自己破産の道だ。そんな話を多く聞いていたので怖かったのですが、いざやってみるとそれは間違ったやり方をした結果に過ぎないということを知りました。株がギャンブルなのではなく、ギャンブルのように株をすると痛い目に合うかもしれません。

僕は一切ギャンブルをしません。失敗した人の多くはハイリスクハイリターンを求めた結果であって株自体は比較的安全で経済に関わるには良いきっかけだと思います。

※勝つ方法や具体的なノウハウの説明はありません。

僕は2016年に株を始めました。

僕が投資をするきっかけになったのは”はじめての人のための3000円投資生活”という横山光昭さんの本です。この本は株の取引については書かれていません。月額3000円投資信託で貯金の積立をするといいよという本でした。

証券口座を作って、世界経済インデックスファンドという投資を月額3000円で始めました。これならサラリーマンのお小遣いでも出来ます。毎月3000円の積立です。

たった3000円の積立が3年間で108000円になります。さらに微力ながら投資信託の利益で5000円ほど上乗せされています。現在で113000円ほどです。

たった5000円じゃないかと思うかもしれません。でも投資信託しなかったら、

①小遣いから3000円貯金すらしなかった

②銀行に預けていても数円にしかならない

③経済について考えるきっかけとなった

④結果として株を購入することとなった

なので意味がちゃんとあります。そして僕はこれからもずっと続けていくのでこれはたった2年数か月の効果に過ぎないということです。

投資信託を始めて、半年ほどして証券口座があれば株を購入出来ることを知りました。

僕は中期で購入します、デイトレはしません。

その時その時で大きな波があります。そこはやはり上がりやすいです。

その当時はAI、loT、自動運転、音声認識、仮想通過などがトレンドでした。

今だと5Gやセルフレジ、オリンピックなどがトレンドだったりします。

その中でも応援したいと思える企業や未来を想像しながら買う株を決めます。

そしてさらに小さな経済の波があります。シャープの倒産危機、任天堂スイッチ、楽天の携帯会社参入、神戸製鋼の不正、日産ゴーンの逮捕など。そこで株価が変動します。そういう一瞬を逃さないことです。経済を自然と学ぶ姿勢になります。

5Gって何?仮想通過が何で流行ったの?と考えるきっかけになります。そして自分で将来を考える練習になります。

儲かる株を教えてもらうのは良くないです、そういう答えをもらう行為は詐欺に合いやすいです。自分で考えて自分で購入するといいです。

証券口座がなかったら、いろいろな世の中の波に反応して購入することが出来ません。証券口座自体は無料なのでぜひ作った方がいいです。

コツは小さく始めることです。欲張らないことです。もっと興味がわいてたくさん勉強すると僕よりもちろん多く稼ぐことが出来ると思います。僕はかなり保守気味だし多少のデータは分析しますがそこまで勉強していません。

危険だと言って何もしないことにもリスクがあるということを知るべきです。

そして僕は結果的に株をしましたが、投資信託だけでも全然ありです。

そして株価の変動が怖くて眠れないほど買わないことです。それは健康を害します。

株の掲示板見ると荒れ果てています。大きく動いているんでしょう。

そこまでいくと僕はちょっとツラいので小さく楽しんでいます。

ってことで僕の小さな体験談と始める人の背中を押せたら幸いです。

SimpleLife

Posted by ganchan