ブルースの弾き方とちょっとしたアイデア2

2019年4月19日

ジャズブルースを毎日練習しています。

メジャースケールとマイナーペンタトニックスケールを混ぜ合わせることによって、演奏がより華やかになりますと。もう何度聞いたか、それはもう分かっている。

それをどうやって自身の演奏に取り入れるか、思いついたアイデア第2弾です。

一番ポピュラーなスケールポジションです、右側がマイナーペンタトニックスケールです。

これだけでももちろん弾ききることが出来ますが飽きてきますよね。

演奏する側も聴く側も。ちょっと音を加えます。

マイナーペンタトニックスケールとくっついて反対側にメジャースケールがあります。

で、これを別々で捉えても、対応は難しいです。2つは離れています。なのでメロディーラインが途切れやすいです。

マイナーペンタトニックに足りない音を考えます。それは2度と3度と6度です。

赤い枠を見てください。

6弦ルートから1フレットずらして下降した位置に3度があります。その下に6度があります。さらにその下に2度があります。足りない音は、マイナーペンタトニックスケールの1つフレットずらした先にあります。その音を取り入れます。

※分かりやすくb5などは省略していますが、見えている人はぜひ取り入れて下さい。

メジャースケール時に2度と6度にスライドで向かいます。

マイナースケール時にスライドでm7、m3度に向かいます。

一概には言えないです。例えば、4度上では6度の音がM3度になります。

ちょっとキーを外したなと思ったら、すぐ反応して戻します。

ミスしない演奏は無茶です、失敗はつきものです。

失敗した時にすぐ反応して戻すスキルも要ります。

プロのギタリストでもステージ上で演奏して1度もミスしないなんてありえません。

失敗を失敗に見せないために、演奏を止めないことと、外したキーをいつまでもロングトーンで弾き続けないことです。間違えたと思ったら、戻せばいいです。

僕が思うのは、M3だから弾かないとか、ミスってしまったとか思うのではなく、それは半音下や半音上からのアプローチだと捉えて戻すという考え方です。

てことで、毎日練習しながら気づいたことパート2でした。

パート1はこちらから。

Guitar

Posted by ganchan