小さく生活する

僕はミニマムな生活が好きです。シンプルでルーティンを好みます。

なぜそうするかと言うと、”生活が楽だから”という理由だけではありません。

①日常の小さいポイントやヒントに気づけるようにするため

②小さな刺激を大事にしたいため

③ささいなことに感謝出来る心を持ちたいため

挙げればきりがないですが、

生活を淡々と質素にすることで、結果として小さなことに目がいくようになります。

ちょっとした変化に気づき、反応します。良ければ受け入れ、違和感を感じると避けます。

日々の仕事、雑務、家事その他に追われ、そのストレスの発散を大金を使うことで解消する。

たくさん稼いで、その分豪遊することに楽しみを覚えると、大きな刺激がないと満足しなくなります。

あるいは何もする気力がなく毎日が楽しくないと感じたり。

旅行は楽しいけれど地元には楽しいものがない。

パチンコやキャバクラは楽しいけれど家では何も楽しめるものがない。

高級バッグとブランドの化粧品がないと私は幸せになれない。

大きな刺激も良いですが、小さな幸せを無視したくないです。

無視という選択を出来るなら、まだマシです。

余裕がなくなると、気づくことすら出来ないです。無視という選択すらなくなります。

麻酔されたかのように、良いモノにも悪いモノにも神経が反応が出来なくなり、ただ打たれて流れて何も感じない。

結果として、小さい幸せは自分にはないと感じるようになります。

僕もそういった時期がありました、そこを超えて気づいて今があります。

松下幸之助は面接の際に最後に必ず質問するそうです。

「君は運がいいですか?」

「不運だ。」と答える人はどんな学歴でも即不採用だそうです。

小さく生活することで余裕が生まれ、その余裕で日常の小さなポイントや偶然を察知してラッキーに繋げます。

たまに楽しめない日はあるかもしれないけれど、


小さな幸せに気づける人は「不運だ。」「不幸だ。」なんて言えなくなります。

そのために僕は小さく生活します。

SimpleLife

Posted by ganchan