ウォーキングベースの弾き方

ギターによるウォーキングベースの弾き方を解説します。

12小節のジャズブルースを参考にします。

具体的なコード進行は、

|C7|-|F7|-|C7|-|Gm7- C7|

|F7|-|F#o7 |-|C7|-|Em7 – A7 |

|Dm7|-| G7|-|C7-A7|-|Dm7-G7 |です。

3コードよりジャズっぽくなります。

分析すると、

|Ⅰ7|Ⅳ7|Ⅰ7|Ⅴm7-Ⅰ7|

|Ⅳ7|Ⅳ#o7|Ⅰ7|Ⅲm7-Ⅵm7|

Ⅱm7-Ⅴm7|Ⅰ7-Ⅵ7|Ⅱm7-Ⅴ7|

となり、3-6-2-5,1-6-2-5の進行を含んでいます。

この12小節を3つに区切って解説します。

またウォーキングベースは6弦ルートから始めます。

図中のRの位置を絶対値として説明します。なのでキーがCの場合、どの図もRはCで、5はGとして説明します。

最初に1~4小節のルートの動きです。

次の5~8小節のルートの動きです。

最後に9~12小節のルートの動きです。

コツとしては、スケールの音でも通用しますがあくまでコードトーンとして捉えるべきです。

まず1~4小節のウォーキングベースを解説します。

ウォーキングベースは基本コードトーンの半音下や半音上からアプローチします。

まず、Ⅰ7コードを弾きます。次の2小節目はⅣ7コードです。

赤で囲ったⅣまで2、m3、M3と、半音ずつ刻んでいきます。

2小節目、Ⅳ7に到着する時にコードを弾きます。

そして次の3小節目でⅠ7コードに向かうので、ベース音を赤で囲ったルートに戻したいです。

なので、2小節目でⅣ7のコードトーンを鳴らした後に、6度、m7、M7へと半音ずつ上げていきます。

3小節目に到着した時点でコードトーンを鳴らします。

今度は4小節目はⅤに向かってベースを動かす必要があります。

なので、3小節目は、Ⅰ7コードを弾いた後にM3、4、b5と半音ずつⅤコードに向かいます。

4小節目、Ⅴコードを鳴らします。そして5小節目は、Ⅳコードなので、青で囲ったⅣまでベース音を動かしたいですが、ここで4小節目はコードが2つ入っていることに注目します。

Gm7とC7です。これはⅤとⅠにあたります。Ⅴm7からⅣ7に向かう前に赤で囲ったⅠコードを経由します。

Ⅴコードを鳴らした後、b9、R、M3とベース音を動かします。

b9はⅠコードの半音上からアプローチとして捉えM3はⅣコードの半音下からのアプローチとして捉えます。

Rを鳴らす際にⅠコードトーンを弾くとよりコード進行感を与えることが出来ます。

以降5~8小節の解説をします。

Ⅳ7コードを鳴らします。そして、次のコードはⅣ#o7です。

Ⅳ7コードを鳴らして、m3、2、m3とベース音を動かしてⅣ#に向かいます。

Ⅳ#o7コードを鳴らします。次のコードは、Ⅰ7です。6度、R、b9と進めてⅠ7コードに向かう動きを作ります。

フォームに戸惑うかもしれませんが、#4の音をベースとすると、Rの位置がb5にあたり、m3が6度に当たります。

Ⅰ7コードを鳴らします。次のコードはⅢm7です。M3、5、4とベースの音を動かします。

Ⅲm7コードを鳴らします。9小節のⅡコードへ行く前にⅥm7を経由します。

Ⅲm7コードを弾いた後に、m7、6、b9と弾きます。m7はⅥm7の半音上からのアプローチ、b9が次の小節で弾くⅡm7へのアプローチとなります。

Ⅱm7コードを弾きます。次はⅤ7へ向けて、M3、4、b5と弾いていきます。

V7コードを弾きます。次はⅠ7コードなので、4、M3、2とベース音を進めます。

次の小節はⅡm7ですが、この小節ではⅥm7を経由します。m7、6、b9と弾きます。

Ⅱm7コードを弾きます。Ⅴコードへ向かいつつ、Ⅰコードへ戻る雰囲気を作ります。

Ⅱm7コード、b5、5、7と弾きます。

また1小節目に戻ることが出来ます。

ウォーキングベースはコードトーンを知っていないと演奏する事が困難です。

そしてコードトーンを知っていれば、半音上や半音下からのアプローチを意識して、弾くことでよりコード進行に沿ったプレイをすることが出来ます。また、テンションを加えたりリズムを変えることも可能です。

ウォーキングベースをスケールではなく、コードトーンとして意識する考え方のシェアでした。

Guitar

Posted by ganchan