働く目的

団塊世代は、”今日、明日を食べて生きるため”に働いていた世代です。

働く原動力がご飯を食べていく為でした、そのために一生懸命働きました。

バブル世代は、”モノを豊かにするため”に働いていた世代です。

働く原動力がモノを購入し、高級品、一級品を楽しむことでした、そのために一生懸命働きました。

じゃあ今は?

食べていけるか心配することはありません、モノは溢れかえり多くのことをすることにお金も要らなくなりなした。

食べていく為、モノを買う為だけに働くことは困難になりました。

じゃあ原動力は何?

自分の内面と向き合うことになります。

人によって原動力は違います。

自分が大切にしたいと思える時間を働く時間に当てることです。

自己の確立がカギになると思います。

これからはどう生きるのか個々で考える必要があります。答えはみんな違います。

今よりずっと昔の古代ギリシャ人や哲学者は自身の経験から同じようなことのを言います。

ギリシャの哲学者エピクトスの言葉を引用します。

自分がどうなりたいかまず自分自身に問え。
しかる後しなければならないことをせよ。 ”

彼自身奴隷の出身だった人です。

2000年前の訴えを聴くべきです。

2000年受け継がれた言葉です。

SimpleLife

Posted by ganchan