暗記に頼らない

何でも貯め込み、詰め込もうとしてしまいがちです。

ギターを学びながらよく体験します。

以前は、たくさんの曲をコピーして、リックを覚えていました。

でも、しばらく使わなくなったり練習しなくなると忘れてしまいます。

なかなかフレーズの数が増えない。そのことで一喜一憂していた時期がありました。

でも、最近、残ったものが自分だと思うようになりました。

たくさん覚えるけれど、日にちが経つにつれて忘れていきます。

でも、完全に全てを忘れているわけではないです。

何かしら残っています、その残った部分が本当に自分自身に必要なことで大切にすべきものなんだと思っています。その残ったものを積み重ねていくことが個性に繋がり、それがオリジナルになるんじゃないかなと思います。

僕は、それは本を通して学びました。

100冊以上読んでいると思いますが、もちろん全て一字一句覚えていません。

それどころかタイトルすら覚えていない本もあると思います。

それで、じゃあ無駄だったか?と言えば、そうとも言えないです。

自分にとって本当に大事なものは心に残っていますし、ある日ふと思い出すことがあったり、新しい知識が以前の知識と繋がったり。そうしていろいろなものを学びながら、忘れていきます。でも何かしらどこかで影響を受けています。読んだ本が人生に染み込んで何かしら影響を与えていると思っています。それは意識していなくても。

僕は今ツーファイブのフレーズを覚えています。

10くらいのリックを覚えると、おおよそ最初に覚えたリックは思い出せません。

でも、何となく音のフィーリングを覚えています。指が自然とそこへ向かいます。

忘れているようで染みついているんだと思います。そっくりそのまま覚えていないけれど。

それがそのリックやフレーズから得た自身のオリジナルになるんだと思っています。

SimpleLife

Posted by ganchan