何でも習慣にすることの最大のメリット

何か成し遂げたい目標がある場合は、何でも習慣に取り入れると効率が良く、慣れるとそれが最も楽なことに気づきます。

習慣に取り入れることで生活にリズムが出来上がります。そこに重要なタスクを乗っける感覚です。感情に左右されたり、モチベーションに左右されることなく、淡々とこなすことが重要です。やる前の感情よりやった後の感情を大切にするといいです。

習慣の最大のメリットは、崩れると逆に気持ち悪くなることです。

詳しく説明します。

習慣にすると、やらないことが気持ち悪くなります。罪悪感を感じたり、やることに楽しみを覚えるようになります。これは習慣化すると本当にみんなが実感することです。

悪い習慣にも言えます。

タバコがまさしくそうです、やらないとイライラします。寂しくなります。でもやらない人は、やると気持ち悪くなります。

これはニコチンの効果だけではないです。精神的依存もかなりあります。

飲酒運転もそうです。やらない人は生涯一回もしません。でも、一度でもまあいいか、と運転する人は慣れて常習犯になります。

悪いことが分かっていても、習慣化されるとそこから抜け出せなくなります。仕事もそうです。嫌だけど、嫌なことに慣れてしまっている。分かっているんだけれど、やめられない。

また、習慣の大切さに気付くと外部に刺激を求めなくなります。外部に刺激を求めると習慣が崩れるからです。重要なタスクが常に内部にあるので刺激を求めなくなります。

ていうことは毎日の習慣に全てがあるので、あるものに満足出来るようになります。

ないもの探しをすると、外部に刺激を求めてしまいます。

習慣化って本当に大事です。

今に感謝出来るようになり、あるものに感謝出来るようになり、1日の大切さに気付き、1日では何も成し遂げられないことを知ります。毎日少しずつ積み上げていくことの大切さに気づきます。

習慣化から全てが始まります。

SimpleLife

Posted by ganchan