大きく見る、そして先を見る

僕はもうすぐ29歳になります。

学生の頃は大人と子供を切り離して考えていましたが全ては延長線だと知りました。

これから自分がどう生きたいのか深く考える必要があり、そして目標を据える必要があります。

どうありたいのか?自分の役割は何なのだろうか?使命は何なのだろうか?

29歳は若いですか?それとも、もう29歳ですか?

僕はどちらの思いも持っていますが、もっと変化させたいです。自分も環境もまだ改善の余地があります。

じゃあその為にどうするの?と考えると決まって、

「今日出来ることをやるしかない」ことに気づきます。

なので目標を定めたら、つべこべ言わず今日一日を全うするのみです。

毎日、小さな積み重ねをする。それだけしか方法がありません。

最近、僕の目標に近い成功者の話を身近で聴く機会がありました。

結論、目から鱗な情報が手に入るわけでもなく、ただ単純に

「努力は人を裏切らない」「目標をきちんと定める」「継続は力なり」でした。

1人の意見ではありません、だいたい僕が会う人はみんな同じことを言います。

大きな目標を立てて、そこに小さく進むのみです。

そして、大きな目標を立てることも大事です。

絶対に頭で考えている以上のことは出来ないからです。

恥ずかしいなら秘めておいたらいいです、宣言する必要はないと思います。

ただ、「僕はこのレベルだろう」と頭で小さく萎ませないことです。

僕が毎日の生活の中でいつも重点を置いていることの2つ。

それは「大きく考えること」そして「先を見据えること」です。

そして、やればそれが叶うかもしれないと思うとやらずにいられなくなります。諦めたくなくなります。

SimpleLife

Posted by ganchan