不安感をお金で解決しない

モノや外見を手に入れることが目的ではなく、技術や内面を磨くことが目的なら

僕はなるべくお金をかけないように心がけた方がいいと思っています。

それを習得することに長い年月がかかるものならなおさらです。

それはお金がもったいないからとか、お金がないからという理由だけではありません。

これは僕の中でミニマルにも共通する考え方です。

例えばギターが上達したいのなら、ギターを練習するしかありません。

英語が上達したいのなら英語を勉強するしか方法はありません。

プログラムについて学ぶなら実際に手を動かして学ぶ必要があります。

以前の僕は、不安を感じたらお金で解決していました。 しかしこれは遠回りだと気づきました。

モチベーションの維持にはなるかもしれませんが、能力向上にはあまり関係ないことをしていました。

そしてモチベーションを上げようとしていること自体があまり理想ではないことにも気づきました。

具体的には、

①教則本を買って、練習した気になる

②マガジン、雑誌を買って関わっている気になる

③機材や教材を買って練習した気になる

④流行りの教則本を買い足す

⑤テキストをころころ変える

お金で情報を買って、またモノを買って満足して、さらに何となく関わっている気になってしまう。

僕は体験していませんが、教室に通うのもそうかもしれません。

もし毎日の練習にプラスしてコーチをつけたり、師匠を持つことはすごく効果的だと思いますが、

たった1時間の教室で、そこでしか練習しないのならそれは効果はかなり薄いです。

もし技術的な何かを得ることが目的なら徹底して基礎を固めるべきです。

無駄な教則本を買って無駄に多くの情報(答え)を仕入れないことです。

基礎を徹底してやっていれば自ずと疑問が生まれてきます。その時に初めて必要になるのが情報(答え)です。疑問がないのに情報(答え)ばかり見ても何も結び付かないです。

なるべく少なく基礎のみ、そうすれば内部から自然と思考の輪、疑問の輪が拡がっていきます。

受け取った情報を使いこなすより、使っていることが何なのか情報を見て知る感覚です。

内面や技術に目を向けると、地味に毎日継続するしかないことに気づきます。

流行りに流されず、ベストセラーに流されず、情報を限定して、今やらなければならないことをする。

それはモノを極力減らすミニマルの考え方と共通している思います。

SimpleLife

Posted by ganchan