自分で考えることと教えること

「自分で考えろ」という時代です。人に責任をなすりつけず、自分で人生を選択していきたいです。

問題に対して常に疑問を持つこと、自分に対し正しい質問を投げかけること、起こった出来事に対して自分が出来ることは何なのか考えること、未来を自分の力で切り開いていく力を身に付けること、それは人生を前向きにさせます。

ただ、それを人に強制する、答えを教えない、自分で調べろというのは、間違っているんじゃないかなと思っています。

よく、質問すると「ぐぐれば?」「調べたら出て来るよ?」と返って来ることがあります。

これは日本人でなくても外国人もそうです。それを言ったらおしまいだよ、と僕は思うわけです。

確かにぐぐれば大概のことは答えが載っていますが、コミュニケーションの一環もあるわけです。

また、答えだけを聞きたいのではなくどうやって、その知識にたどり着いたのか、どういう思考でその答えを導いたのか、どう活かしているのか知りたいこともあります。

どう活かしているのかは教えたらいいと思います。自分で考えること、そして知ったことを教えることも大事なことです。

自分で考えることばかりを優先に捉え、人に教えないのは、その人個人自体がインプットマンになっています。

知ったことは教えるべきで、それは優しさであり、甘やかしではありません。

他人に対し「自分で考えろ」と強制する行為は、逃避でありコミュニケーションの欠如であり無責任であり横着に近いです。

「指示しないと何もしない」「一から全てを教えてやらないといけない」「セルフスターターを求む」

そればかりを掲げ、一切教えないのは間違っていると思います。

「ぐぐれば?」「自分で考えろ」「調べろ」

それは、内に問いかけ他人には教えてあげた方がいいです。

SimpleLife

Posted by ganchan