情報の価値を決める

情報に価値を置く時代は終わったと思っています。

知った。

で?そこからです。

知った情報も使わなければ何の価値もないです。

調べれば何でも答えが返ってきます。

それでどう思ったのか?どう自分に取り入れるのか?知ってどうするのか?

自分というフィルターが情報の質や価値を高めます。また、価値を下げることも無意味にすることも出来ます。

結局、自分の中に良いフィルターを持っているか、持っていないかです。

コントロールされる時代は終焉を迎えると思っています。

長らく洗脳されると、人生は誰かに作ってもらうものだと勘違いしてしまいます。

あの人がこうしてくれたら、経済的に自立出来たら、将来が安泰だったら。

会話の一環ではいいと思いますが、こういう思考は幸せから遠ざかります。

自分で人生を切り開いていくことが重要です。今どうするか?です。

人と違わないといけません。違わないとおかしいです。

難しく考える必要はないです。情報を受け取った時に純粋にどうなのか?ってことです。

質の良い情報、価値がある情報、考えなければならない問題点は情報そのものにあるのではなく、

自分というフィルターを通した先にある受け取った自分の内部にあります。

自分のフィルターに色がついていたら、情報にも色が付きます。

過剰に反応したり、無反応だったり、でもそれでいいんです。

問題はみんなが反応しているから反応したり、みんなが無反応だから無反応でいることです。

価値は自分で決めるべきです。

世界が大きく動いていると思っています。でもそもそも動いているとさえ感じていない人がいます。

それは、僕が世界から得た情報のある一部に反応しているからです。

僕が正しいとか、みんなが間違っているとか、そういうことではないです。

反応したらいいです。みんなはどう?僕はこう感じると。

SimpleLife

Posted by ganchan