始めることとやめること

何かを始めると、何かをやめることは全く同時に起こります。

何も止めず何かを始めることは出来ないし、何かを止めるということは何かを始めると言うことです。

これらは表と裏、陰と陽で一心同体です。

みんな平等に24時間しか与えられていません。その範囲で出来ることをやるのみです。

ここ数年かけて全てを習慣化にするよう心がけてきました。

すると、割と何でも始めることが容易となりました。感情に流されずただ淡々とやるのみです。

しかし、欲が出てくるようになりました。

あれもしたい。これもしたい。無駄を省く、時間が勿体ないと日に日に焦るようになりました。

まだ詰め込める、まだやれる、もう少し削れると。

そしてやり始めたものを手放せなくなってしまいます。これは逆の悩みでもあります。

何か習慣が崩れるイベントがあると習慣にしていることが出来なくなり強迫観念のように感じてしまいます。やはり臨機応変も大切だと思いました。習慣も大事です。

でも習慣を大切にするがゆえ、急用やイベントが楽しめなくなるのも残念です。

毎日の習慣も大切だけれど、そこに固執せずやれない時もあるくらいの感じがいいと思いました。

習慣は大切で基本だけど、そこにフォーカスし過ぎないことも大切だと思います。

SimpleLife

Posted by ganchan