死ぬ時に残るもの

一見、大切だと思っていること、重要だと思っていることが実は要らないものである場合が多いです。

死ぬ時に、印鑑や通帳、貯金や家は金は持っていけません。

なので、それを死守する人生もつまらないと思っています。

残るものといえば、まずは妻と子供です。そして出会う人々の心の中です。

どれだけお金を手に入れても自分の私利私欲のために尽くし続けると、死んでも何も残らないでしょう。

人生のゴールを死において考えるといいです、ジョブズは仕事しかしなかった人生を反省していました。

そしてそれを教えてくれました。

一見大事そうなもの、そうでもなさそうなものを疑って整理していくと大切なものが見えてきます。断捨離の目的はただモノを減らすためだけではなくそういう意図も含まれています。

まずはモノを整理するところから始めてみることをお勧めします。

SimpleLife

Posted by ganchan