ホテルの部屋

出張でビジネスホテルに泊まっています。

ビジネスホテルや旅館の部屋が好きです。そこには何もありません。

テレビが1台、聖書が1冊、ベッドと水が置いてあるだけです。

それでも部屋一面が白く、この何もない不便さがかえって心地よいです。無駄がないです。

多分、多くの人が僕と同じような感覚を味わうと思います。

もしそうならば、自分の部屋もビズネスホテル同様にしたいです。

本当はきっと何もない空間の方が落ち着きリラックス出来るはずです。

僕は数年前に断捨離をしました。CD、DVD、洋服、雑誌や本、アクセサリー、ギターエフェクターなどを「これでもかっ」というほど捨てました。今まであれだけ大事にしていたのに無いと、それはそれで心地いいことに気づきました。

モノには念があり一度手にしたものは手放し難く捨てがたいです。

一度やるとスッキリする気分を味わえます、一度味わうと何もない素晴らしさに気づくと思います。

何もない素晴らしさに気づくと、内面に目が向くようになります。

何もない素晴らしさに気づくと、お金より大切なモノが見えてきます。

SimpleLife

Posted by ganchan