プチリタイアをする

全力でやりすぎて力が抜けない人いませんか?

僕はストイックになりやすく、いつもスペースの大切さを忘れてしいます。5分や10分暇が出来ると、何か出来ることを探して空間を埋めようとしてしまいます。「時間がもったいない」と感じてしまい少しせっかちです。

習慣にしているギター、英語、聖書の学習、またブログの更新は絶対に欠かすことは許されず前日に眠れなくても、また特別なイベントがあり予定がいつもと違っていても、その時間だけはきっちりと確保しようとしてしまいます。

毎日の習慣は大切だけれど、たまには力を抜いてリラックスしないと長続きしないことは分かっています。燃え尽き症候群にならないためには無理をしないことも大切です。

何かをやること、何かをやめることは同じくらい決断が要ります。何かをやらないのも勇気が要りますが、意外に、やらない期間に創造力が生まれるときがあります。

人間は睡眠時間に頭の中を整理しているそうです。

筋肉も筋トレしている最中に筋肉がつくのではなく、筋トレをしたあとに付きます。そしてオーバートレーニングは疲労を生むと同時に筋肉が返って発達しづらくなるそうです。

何でもやりすぎは良くないです。

「過ぎたるは及ばざるが如し」です。

僕は少し疲れたら、いつもの習慣から少し離れて、散歩したり、図書館ぶらぶらしたり、公園行ったり、コーヒー飲んだり、友人とあって気分転換をします。ぼーっと座ることはもどかしいので、家事をしたりストレッチをします。

それでも十分リラックス出来ます。少し休んでリラックスするとまた活力がみなぎって「よし、やろう」と思えます。

長く継続するためには、ゆっくりスローにやることも大切だと思いました。リラックスが思考を柔軟にし、アイディアや創造力はそこで生まれます。

SimpleLife

Posted by ganchan