ジャズブルースのアドリブについて

ソロでジャズブルースを弾けるように練習していますが、ここまでで分かったことはまず頭の中で音楽が鳴っている必要があることと、冒険し過ぎないことです。

僕はジョーパスを目指していますが、ジョーパスのように弾くためには、ある程度ジョーパスのように弾かないといけないことも分かりました。具体的には基礎的なウォーキングベースです。

ソロで演奏する場合、ウォーキングベースがないとブルースよりになります。少しコードの変化を感じさせることと、音楽に立体感を加えるために、ウォーキングベースの技術が要ります。

そして難しいことをしないことです、テンションを入れすぎると、基礎のコードトーンから外れていきます。適度に入れると華やかになりますが、やり過ぎると崩れて進行を感じることが出来なくなります。

1つのコツとして、ソロフレーズで押切ろうとしないことです。ソロギターでは伴奏がないので、あくまで伴奏をしてやる必要があります。そこに少しずつメロディーを足していく感じです。

伴奏を演奏しつつ、思いつくフレーズを少しずつ入れる練習をしています。

最近になって少し考え方が変わりました。

以前は、ソロフレーズの合間にコード進行を感じさせるためにコードを合間で入れるように練習していましたが、逆の考え方でコード進行の合間にメロディーを入れてやる練習をしています。

遠回りに感じるかもしれませんが、練習過程で無駄なことは何1つなく、毎日試行錯誤しながら、それがそのまま学びになると思っています。

上手くなるか上手くならないかは、結局、練習をするかしないかで、ギターの上達において効率などは、いちいち考えることではなく、やって自ずと気づくことだと思っています。

何か良いアイディアはないかな?と考えながら練習することが上達のコツだと思います。

Guitar

Posted by ganchan