妄想と現実を比較しない

現状の物足りなさや、どこかしらの不安に「もし〜だったら」と思うことがあります。年収がもう少し高ければ…、子供が巣立ってくれたら…、結婚出来たら…と。

頭で妄想した世界と比較して現実とのギャップに苦しみます。

でもこれは、ほとんど錯覚に過ぎないことを知りました。

例えば「マイホームの購入は人生を前向きにする」と思って購入しましたが、そうでもありませんでした。それは決して後悔しているわけではありませんが、マイホームは幸福はくれないと言うことが分かりました。

家がない時は、「家が狭い、自分の部屋があればギターの練習をもっと出来るのに…」と思っていましたが、たまに「家があるから動ける範囲が狭くなったな」「買わなければ、海外旅行とか家族で行けたな」とか思います。

それでも実際に、家を購入しなかったら都内や好きな所で仕事して、海外旅行に行くかと言えばノーです。

他にも日頃忙しくてギターが触れない時に「休日に1日中ギターをしていたい」と思うことがありました。じゃあ休日に1日中、ギターを弾けるかと言ったら、これもノーです。

頭の妄想は都合が良すぎです。

それよりも今日1日出来ること集中するといいです。

「時間がない」「お金がない」はいつまでも付いてきます。

世界中のほとんどの人が、自分の年収に満足していないそうです。それは年収の差になく、200万の人にも1000万円の人にもあります。時間がないのは現代人みんなの抱える問題です。

ないないと嘆くより、今あるものやことに集中する方が遥かに健康的です。今日1日に出来ることに集中します。小さく始めると良いです。朝5分の読書、通勤時間の語学学習、副業のためやスキルアップのためになる時間の確保、読書。

そしてお金に困らない生活の1番の方法は稼ぐことより使わないことです。浪費家にいくら与えてもお金は貯まりません。節約家はいくらのお金でも、あるものでこなします。

タバコを吸いながらギャンブルしながら、お金がないと感じるのは土台から見直す必要があります。

自分には、すでに与えられていると感じ、今に満足し、今日出来ることを探して少しずつやるといいです。

今気づくと数年後、自分に感謝すると思います。

このことを知ることが遅れれば遅れるほど後悔します。

SimpleLife

Posted by ganchan