自分の好きに費やす時間

自分の好きな時間に何時間費していますか?

僕は、自分が満足する時間は2時間だと知りました。1日2時間でいいです、多いと感じるか少ないと感じるかは人それぞれ違うと思いますが、それ以上持つと時間を消費します。

以前は、寝る時間以外を全てこの時間にしたかったんです。

よく「好きなことを仕事にする」や「ライフワーク」という言葉を聞きます。そこに憧れがありました。でも、あまりそこに固執しなくても幸福は別の道にあると思います。

僕は出勤前に毎朝4時に起きて2時間、ジャズブルースのギター練習と聖書と英語の学習をします。

休日も4時に起きて2時間同じように学びます。

休日だから、10時間そのことが出来るか?と言えばノーです。3時間や4時間経つと、スマホをつついたり集中力が途切れます。

仕事のように、8時間毎日ギターの練習をしろと言われるとキツイと思います、それこそ手グセを適当に弾くのなら良いですが、クリエイティブさは欠けます。

僕は2時間ならクリエイティブにユーモアを持って、またリラックスしてギターと聖書と英語に取り組むことが出来ます。

そして、それが好きな時間です。別に仕事ではないです。

でもシェアすることは出来ます、ブログで発信したり、アプリとしてリリースしたり…。僕は今のところそれで十分です。

それを終えて出勤しますが、仕事は同僚と円満に少し雑談を加えながらラフに終えたいです。僕はそんな時間も嫌いではないです。雑用も良いです、雑用は頭も消費しないし、人から喜ばれるし、やって損はないです。

みんなが時間が大切だと言い始めました。

人の時間を奪うことは罪だと。僕も気をつけますし、僕も時間は貴重です。ですが、その時間を確保するために他人を放置したり、困っているのを見過ごすのは生き方として本末転倒です。

ネットの向こうの人の為に何時間もパソコンと迎えるのに目の前を助けることが出来ない人間には僕はなりたくないです。

流行りの言葉に流されない方がいいと思います。

「好きなことを仕事にする」はインパクトが大きく、それは理想です。この言葉が生まれたのは数年前ですが、それ以前は概念もなかったです。どちらかと言うと向いているか、向いていないかであり、確実にライスワークでした。

好きなことを仕事にすることが理想だと言われると、好きかどうかは職業で決まるのではなく、自分の心が決めます。YOUTUBERだからライフワーク、事務仕事はライスワークと決めるのではなく、そこに楽しみが見い出せればそれは「ライフワーク」です。

SimpleLife

Posted by ganchan