見ているものが自分を表す

情報が溢れかえって何を選択していいのか分からないほどです。

自分というものを明確にしておかないとどこまでも流されてしまいます。

逆に自分の足を地にしっかりつけていれば何の情報だって手に入れることが出来ます。

もはや”出来ない”は、言い訳のみです。

信じる情報を間違えて、詐欺師に引っかかる人がいます。

この時代に楽して儲かる話に騙されてお金をだまし取られる人がいます。

インターネットの広告から飛んでいき、騙されたそうです。

でも、その広告は僕の目には入ってきません。

僕が、その広告を見ないことをグーグルは知っています。

グーグルは、僕の興味のある広告を選択しています。

例えば、英語学習をしていると英語に関する広告が出てきます。

プログラミングを始めると、プログラミングの広告が貼られます。

楽してお金を稼ぐ方法を検索していると、楽してお金が稼げるサイトに誘惑されます。

仕事を辞めたいと思っていると転職サイトに誘惑されます。

自分が見ている情報は自分が作り上げているということです。

洗脳しているようでされています。ほとんど無意識レベルです。

自分の興味のあることをグーグルは紹介してくれます。

詐欺師は捕まりにくいそうです、思考が違うとそこにたどり着かないからです。

同じ考えを持たないとその広告にたどり着かないそうです。

ますます自分が変わらない限り、気づかない限り、自分自身が周囲の環境を築き、その中で生活するようになります。

自分が変われば環境が変わります。ほとんどをインターネットで暮らしている人も多いでしょう。流される人はどこまでも流されます。

自分が見ている情報はほんの一部です。主体性を持って選択するべきです。

SimpleLife

Posted by ganchan